Affinity Designer 問題なく使えそうです。特別に複雑な作業をしない限り充分に使えます。ただし、日本版のトンボ(トリムマーク)が使えないことがまだ問題としてあります。そのうちバージョンアップで解決することを楽しみに待っています。

Affinity Designer には Illustrator CS6にはない機能、写真の簡単な加工(徐々に透明にして合成)などがPhotoshopを使わずにできます。まだまだ使い込んでないので、本格的にIllustratorの代替えになるのか不明ですが、しばらく使用するつもりです。

デザイン界のソフトがAdobe一辺倒になっているところに、Web関係のソフトSketchなどが対抗して出現して、面白い状況になりました。一時元気がなかったDTPソフトQuarkXpressもなんとなく盛り返しているような気がします。面白い、どうなっていくのでしょう。目が離せない。みんなが必要なソフト(イメージするものが自由に感覚的につくれる)が生まれることを願います。