MacOS Catalinaがリリースされアップデートすると32bitアプリが動作しなくなります。その対策をParallels Desktop※に仮想OSとしてMacOS Mojaveをインストールして32bitアプリが動作する環境をつくったメモです。詳しい方法はWeb上にあるさまざまな情報に譲ります。
※無料のParallels Desktop Liteでもできるようです。

■macOS Mojaveのインストール用USBメディア作成
1.macOS Mojave正式版のダウンロード
2.Applicationsフォルダーに「macOS Mojaveインストール.app」が保存される
※結果としてUSBメモリーは作る必要がなかった
3.USBメモリーをMacに接続してターミナルを使用してインストールUSBメディアを作成

■Parallelsに仮想OSとしてMacOS Mojaveをインストール
1.Parallels Desktopを起動
2.macOS Mojaveインストール.app をアプリケーションフォルダからデスクトップに移動しておく
3.[ファイル]→[新規...]からmacOS Mojaveインストール.appを選択してインストール
4.途中で迷ったのがインストールするディスクの選択です。Macの内蔵ドライブしか選択できません。
※これでよいのか迷いましたが、空き容量などを確認すると問題ないことがわかります。
5.インストールされて起動します。最後にParallels Toolsをインストールすることを忘れずに!