Officeを使用するときのフォント一覧の長さを短くするためにフォントの整理を行なう。

フォントを指定するときに、英字フォントがたくさんあるために使いたいフォントになかなかたどり着かない。こんなことにイライラする毎日でしたので少し時間をとりフォントの整理。

フリーのフォント管理ソフトNexusFontを導入。
1.Windows→Fontsフォルダー内のファイルをバックアップ
2.NexusFontを起動してすべてのフォントを選択して削除を行なう。→システムに必要なフォントは削除されずに残りました。
3.よく使用する日本語フォントをバックアップファイルから戻す。

フォント一覧が短くなり、使いやすくなりました。

その後、NexusFontによりフォントグループを作成して一時使用を行いましたが、うまく機能しませんでした。
一時的に使えるようにはなりますが、NexusFontを終了してもフォントリストは変わらずに、再起動しないと元のフォントリストに戻りません。「Windowsフォントキャッシュサービスを無効」なども行うがだめでした。

とりあえず、この状態のまま使います。当初の目的「フォント一覧を短くする」は達成しました。